*えみponのお花ぶろぐ*

   自宅庭で育てた花*薔薇&庭花アレンジ、生き物などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

害虫退治!

写真
デッキでこの写真を撮影してたときのこと。
となりの奥さんから突然ののSOSコール。

いつものように境界のフェンスをまたいで乗り越え(゚д゚)「なになに?」
見ると玄関の壁に這わせた丸2年になる“ピエール・ドゥ・ロンサール”の枝が2~3本、葉っぱが全部筋だけになってるじゃないですか。
よ~く見ると、うじゃうじゃおるおるチュウレンジハバチの幼虫が!((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
隣の奥さんはこういううにょうにょ虫のたぐいがコワイのです(^^)
「頼んでいいかぁ?」と私に向けられたすがるような目つき。
「はいはい。ピンセット取って来るわね」
一旦自分の庭に戻って、ピンセットと手洗い桶を持ってピエール君に群がった幼虫をむしっていくと、あらまあ、あっちにもこっちにも(^^;)
しかも産卵された所から枝が折れてるし(´・ω・`)
すでに成長しきっちゃってる組やら、つい最近孵化したらしくてまだ1枚の葉っぱにかたまったままの組やら、一株にいろいろおって、
それをピンセットで1匹1匹剥がしました。

ウチのバラは、スミチオン散布の効果も出てるんだろうけど、
朝起き抜けと昼仕事から帰ってきてすぐのチェックで、
チュウレンジハバチは産卵中の♀を発見して捕殺。
喩えて言うと、ジョンを生む前のサラ・コナーを抹殺しに来るターミネーターのようなかんじ(別に喩えんでもいかったか?)
だからこんなにたくさんの虫の殺生は、ウチではツバメの餌取りの時くらいなの。
なんか...芋虫に祟られそう。ちょっと帰りたくなりました(^^;)しかし。
「ちょっと待って。こっちにもおるとよ!」
案内されて行ってみると、
夏中咲き続けてたバラたちが、短期間でえらいことになってました(((( ;゜Д゜)))..
葉っぱを食い尽くしてすでに羽化したのか、もう影も形も見えなくなってるのや、あちこちの枝に散って食害してるのや....
全部1匹1匹ピンセットで、6~7組は退治したかしら?
殺生やな~(つД`)・゚・
頼まれると断れない私ですが、
お礼言われてもこんだけ殺害したら、ちょっと罪悪感が残るわ~。
やっぱスミチオンで予防するか、親の時、または産卵あとを早めに発見して対処したほうがいいようです(^^;;;)

まじめな話。
オーガニック栽培のHPなんか読んでると、こんな言葉がありました。

~我々はバラ生産者ではない。趣味でバラを育てているだけ。
それなのに、もともと自然界に生きている虫たちを、趣味や道楽で育てているバラの邪魔だからと言って殺すのは、あまりに身勝手じゃないだろうか?

だから農薬などの殺虫剤を使わず、自然素材でできた「忌避剤」を使うことにより害虫を寄せ付けず、また自然の摂理を理解した上での土作りを重視して、病気にも負けない丈夫なバラを育てる....。
というようなことでした。

秋は昆虫たちも繁殖や冬ごもり準備のために活動が盛んになってるから、
狙われやすいバラは、葉や蕾を食べられたり、茎や鉢土に産卵されたり大変です。
でも虫だって冬を生きて越せるように、子孫を残せるように命がけなんだよなぁ。
こっちだってせっかくふくらんできた蕾をスッカラカンに食い荒らされると腹が立つけど、上の方が仰るように所詮趣味だから、ある程度譲り合う余裕も持つべきなんだろうか。
オーガニック栽培のコンセプトはすごく正しいし、理想的だと思いますが、まだまだそこまで細やかに気を回せる余裕も、虫や自然環境に対する思いやりもないのが現実(^^;)

自分たちの口に入れる青じそやニラには、
しっかり自作の生薬(木酢原液にすり下ろしたニンニクと唐辛子を漬け込み、1ヶ月ほど寝かせ使うたび500倍に薄める)を散布してましたが、バラに来る虫には憎しみ込めてスミチオンをシューッ!、サプロールをブシャーッ!
結局、事後対策になるから、より強い薬をって、こうなるんですよね(^^;)

ああ、自然よごめんなさい。反省_| ̄|○

  1. 2006/10/04(水) 21:17:48|
  2. バラに挑戦
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:10
<<らぼりぃな雑貨 | ホーム | 子分でやんす>>

コメント

チュウレンジハバチの幼虫...私にはどんな虫か想像できませんが、ともかく幼虫系はダメ...(>_<)
ウチも椿の葉をごっそりやられて泣いたことがあります。
とりあえずなんだかよく分からないので、「キンチョール」を撒いてしまいましたが...
自然界は弱肉強食。確かに彼らも生きてはいますが、小鳥に食べられるのも、殺虫剤に殺られるのも同じ。
がーッと、退治しちまいましょう。
  1. 2006/10/05(木) 21:34:06 |
  2. URL |
  3. らんこ #jt5s7dYo
  4. [ 編集]

らんこさんへ

幼虫って新芽を食べるからたちが悪いですよね?
まぁ、自然素材の生薬でしっかり予防しとけば
まず産卵されることもないでしょう、というのが理想なんでしょうが、
うっかりサボって手遅れ...ってことも多くて(^^;)
弱肉強食なら、ウチではカエル君が活躍してますよ。
そのかわいいカエル君達の為にも、
出来れば有害な農薬は使いたくないんですけど、心の余裕がなくて結局使っちゃうんですよ(´・ω・`)
  1. 2006/10/05(木) 22:28:13 |
  2. URL |
  3. えみぽん #0rSdjdkU
  4. [ 編集]

おはようございます

えみぽんさんのおうちは庭&デッキがあるんですね。
うらやましい限りだわ。

>バラの邪魔だからと言って殺すのは、あまりに身勝手じゃないだろうか?
わかるけど・・・実際そこまでやるのは難しいですよね(^^;;
オーガニックにするには時間やスペースの問題も関係ありますし。
それにしてもバラにたかる虫たちはどうやってバラだと判別しているんでしょう。
虫と話ができたらおもしろいのに(笑)
  1. 2006/10/06(金) 10:06:25 |
  2. URL |
  3. ちょっぱー #lgTkskb6
  4. [ 編集]

ちょっぱーさんへ

難しいですよね(´・ω・`)
あんまりこだわりすぎると私はストレスになっちゃうから、
手作り生薬で防げる範囲で頑張って、それでもダメなら農薬...ってのが精一杯です(^^;)
>バラだと判別
不思議ですがバラに興味のない虫もいるようだから、
本能なんでしょうね。
ところでゴマダラカミキリを防ぐ方法ってあるんでしょうか?
ウチはモッコウバラを根元から噛み切られたとです(T_T)
  1. 2006/10/06(金) 12:11:39 |
  2. URL |
  3. えみぽん #0rSdjdkU
  4. [ 編集]

>あんまりこだわりすぎるとストレスになって、しまうから。
同感です・・・・。
バラに限らず、別の植物でも幼虫がいるとガックリしてしまいます。
  1. 2006/10/06(金) 13:55:25 |
  2. URL |
  3. ひろ子 #-
  4. [ 編集]

ひろ子さんへ

ほんとですね(^^;)
ウチの畑のシソなんか、虫が殆ど食べちゃって人間が食べる部分が残ってなかったです_| ̄|○
  1. 2006/10/06(金) 23:01:48 |
  2. URL |
  3. えみぽん #0rSdjdkU
  4. [ 編集]

ゴマダラカミキリ・・・

初めて聞きました(^^;)
我が家ではまだお目にかかったことがありません。

調べてみると厄介な虫のようですね。
無農薬での防除は難しいようです。
地味ですが『卵を産み付けられないように根本に網を巻く』という対処法がありました。
それと『卵を産むのは6~8月なのでその間よく観察すること』ですって。
薬を使った方法だと6月にスミチオンをまけば予防できるそうです。

産卵後の発見はこんな感じで↓
根際から木屑が出ているのを見つけると、木屑を取り除いて孔を見つけ、薄めたスミチオン乳剤などを注入する。などで防除します。
たいていが最後の木屑を見つけてから気がつくことが多いものです。薬剤を注入するとたいてい大きな虫が出てきてその場で死んでしまうことが多いものです。
幼虫を取り除き、穴から雨水が入らないようにツギロウを穴に詰めておきます。

長文すいませんでした<(_ _)>
  1. 2006/10/07(土) 15:46:14 |
  2. URL |
  3. ちょっぱー #lgTkskb6
  4. [ 編集]

ちょっぱーさんへ

うわわ。話をふったばかりに詳しく調べてくださって有り難うございますm(__)m
しばしネット落ちしてましてレスが遅れ、申し訳ありませぬ。
6月にスミチオンと観察ですね。心しておきます。
カミキリムシの中でもゴマダラは大型なので、被害にあったら1発ですもんね。
何より予防が大事になるでしょうねぇ。
予防と言えば今まで500倍に薄めていた手作り生薬を、今日は20倍の濃さで散布してみました。
おもしろいようにバッタや蛾が逃げていきました。
あの有名な「碧露」にセンダンが入ってないだけの成分だから、もしかすると効くかも???
  1. 2006/10/09(月) 23:25:55 |
  2. URL |
  3. えみぽん #0rSdjdkU
  4. [ 編集]

無農薬のバラ栽培5年です

初めまして・・・足跡を残しちゃいます^^^
無農薬 難しいですよね~
チュウレンジバチ 我が家もすごい被害です
木酢液・碧露・月桃・アグリクール・これに
最近ハマッテいる EM菌から作るストチュウ
これらで虫の回避を目指しております・・

人と自然と環境に優しい。。。
虫食いの葉っぱも その勲章ですよね!
お互いに頑張りましょう 秋バラちゃんの為に!
  1. 2006/10/14(土) 16:28:54 |
  2. URL |
  3. かよりん #-
  4. [ 編集]

かよりんさんへ

はじめまして!ようこそおいで下さいました。
すごいですね、無農薬5年ですか!
碧露やアグリクールでもチュウレン来るんですか?
ちょっと調べてみたら、碧露の「ニームオイル」というのが虫のホルモン系を狂わせるとか?
忌避薬としては魅力的だけど、ウチ、子供が二人とも女の子だからちょっと気になって敬遠してるんです(^^;)
といいつつ学校のセンダンの実を拾ってきて、木酢に漬け込んでみてますけどw
もちろん思いっきり日本のセンダンですわ(^^;)(意味なし?
EM菌からストチュウ???
初めて聞きましたが、ハマるほど楽しいことなんでしょうか (0゜・∀・)!?
調べてみますね。
後ほどそちらのブログにも寄らせていただきます(^^)
コメント有り難うございました。


  1. 2006/10/14(土) 23:24:33 |
  2. URL |
  3. えみぽん #0rSdjdkU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emiponeflower.blog61.fc2.com/tb.php/66-7dc89f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チュウレンジバチ続・続

一昨日、写真を載せていたチュウレンジバチですが昨日家に帰ったら、大雨にも負けずにまだとまっていました。根性です・・・そして今朝もまだ。他のはさすがにいなくなっていましたがこのチュウレンくんは、もし
  1. 2006/10/06(金) 08:20:51 |
  2. お気楽ガーデニング

チュウレンジバチ・続

昨日、写真を載せていたチュウレンジバチですが家に帰ったら、まだとまっていました。しかも4匹に増えています。そして、なんと、今朝もまだとまっていました。今朝は昨日からとまっている1匹ともう1匹だけ
  1. 2006/10/06(金) 08:20:33 |
  2. お気楽ガーデニング

チュウレンジバチ

以前、記事に載せたことがありますがバラについていた虫はチュウレンジバチの幼虫でした。今年はモッコウバラにはついていないなあと思っていたら葉っぱのない茎だけの部分を発見!やっぱりついていたので
  1. 2006/10/06(金) 08:20:12 |
  2. お気楽ガーデニング

プロフィール

えみぽん

Author:えみぽん
↑‘笑み’えみぽんの薔薇(爆)
ガーデニングとピアノ大好き♪
'6年春からバラ育てに嵌り中。
アレンジにも興味津々
花好きな方情報交換しましょ(^0^)/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

blogランキング

音楽著作物利用許諾番号

JASRAC許諾番号 JO70214369

JARAC許諾番号 JO70214369

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

藤澤ノリマサくんを応援しています

藤澤ノリマサ スペシャル映像

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。