*えみponのお花ぶろぐ*

   自宅庭で育てた花*薔薇&庭花アレンジ、生き物などなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

華やか!

IMG_0572.jpg

久しぶりに家の中にバラを飾りました♪

IMG_0574.jpg

先週結婚記念日だったこと、すっかり忘れてたんですが、
旦那が大きな薔薇の花束を買ってきて、気付きました(^^;)

IMG_0573.jpg

切り花品種なのであまり香りがないのが残念だけど。
この手前のストライプのバラ、ステキですね~
中輪です。切り花の「アンリマチス」かな?

IMG_0575.jpg

花瓶に入りきらなかったバラと、庭のアイビーを集めて、
久しぶりに小さなアレンジを作りました。
やっぱり花を生ける時間は何にも代えがたい幸せなひとときです(^^)
今日は寒くて外に出るのが億劫だけど、
もう少し暖かい日があったら、そろそろつるバラの誘引をしなきゃですね!

スポンサーサイト
  1. 2010/12/15(水) 13:52:33|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

県民の声・口蹄疫

以下はお友達のひろ。さんの日記を転載させて頂いたものです。
少しでも多くの方に実態の真実を知って欲しく思い、
転載させて頂きました。



口蹄疫について
どちらかと言うと、県外の方に向けて書いてます。

今日現在で処分対象の家畜は、13万頭にのぼっています。
口蹄疫と言う病気の特性上、1頭でも発症した牛舎の牛、養豚場の豚は全頭殺処分の後埋設となっています。
なので13万頭のうち発症してない牛豚の方が多いのかもしれませんが、蔓延防止の為にはやむを得ないと思います。


4月20日の発生確認から(3月30日に疑わしい患畜は、ここでは断定できず)ここまで1ヶ月、県や畜産農家や酪農家、JAや自衛隊や役場の皆さん方が必死に頑張ってもここまで被害が出ました。

こんなに増えてしまったと言うべきか、この範囲だけでおさまってると言うべきなのかはわかりません。
その中、多数発生地の都農町や川南町でも消毒や防疫に頑張って発症してない農場は沢山あります。

それが、今回国が決定したワクチン接種と言う対策…これは農家にとって最終手段と言われています。そのワクチンを発生地の川南町中心に半径10km圏内の家畜全頭に接種したのち殺処分にする。と、言うものです。

先にも言った通り、その区域内にも、農家さんたちの努力で発症していない農場の牛や豚があと20万頭もいるんです。

ただ、国の政策はその20万頭を対象にウィルスを接種し口蹄疫の発症のスピードを遅らせ感染の広がりを止めておいて、その間に発症していて作業の進んでいない牛豚の殺処分と埋設を進める事で食い止めようと言うものです。
宮崎県外の皆さんは、最近こそニュースや何かで見る機会が増えたかと思いますが、宮崎では先月の20日からずっとその作業に追われておりますし、連日のトップニュースになっています。


話を戻しますが、ワクチンは接種したら牛は感染する為(発症が遅くなるだけ、もしくは発症しない)、処分されなければなりません。

4月20日の発症確認時から、農家が自分の農場の牛や豚だけは絶対に守ろうと頑張って感染を防いできた。自分とこでは口蹄疫を出さない。それが蔓延を防ぐ方法だと守ってきた、その20万頭を…政府は、今までなんの対策も打たず予防薬すら送って来なかった国(農水大臣が初めて宮崎にきたのは5月10日)が、たった1日でワクチン接種をなんの打診もなく決めました。

しかも、補償も適当なもので。とりあえずやってしまおう的なレベルで

それを決定した時に農水大臣は言いました
「ここまで広がった以上ちまちましてても仕方ない」

ちまちま…?
有り得ない発言ですよ。

農家の皆さんは、毎日毎日忙しい日常の仕事にプラスして消毒用に石灰まいたり、鳥がウィルスを運んでくるかもとロケット花火やら打ち上げ花火やらで脅して近づけないようにしたり、薬が足りないので効き目があると言われる酸(お酢を稀釈して使ってました)をスプリンクラーで牛にふりかけたり、できる限りの効果があると言われるものは何でもやって守ってきたのに
それでも不安で眠れず、朝も心配で早くに目が覚めて一頭一頭調べて症状が出てない事にホッとする。
20日から毎日毎日やってます。

それを、ちまちまの一言で片付けた大臣

農家の皆さんの怒りや悔しさはどれほどのものか…


農家さんだって、口蹄疫の怖さはわかってます。そう言うワクチン手段も覚悟の上でいたでしょう。
しかし、それは必死で食い止めに頑張ってくれた方々の最終手段であっても、今まで傍観決め込んだ政府が下してしまった。

4月20日から、政府も一緒に県や農家と防疫の為にありとあらゆる手段で頑張っていたのなら、或いは納得出来たのかもしれませんが…

何もせず、広がるだけ広がって手を着けよう思ったら、もぅどうにもならない段階だから最終手段を使うか…って


だれが納得できる?
感情論じゃ止められない事は分かっています。
だけど、これは全国に居る皆さんにはわかってもらいたい。

この発生した4月20日の時点で家畜の移動制限区域内の牛豚の競りは止まっているため出荷は出来ません。つまり、収入がない状態なんです。でも牛豚は生きている。餌は与えなきゃいけない。餌代だって大きな牧場などは月4000万円くらいかかると聞いてます。

無収入なのに出費は増える。

それをやりくりしながら、防疫作業をし、なんとか今まで家畜を守ってきたんです。

従業員だって無償で頑張ってくれてたのかもしれません。はたまた経営者が自分とこの財産を切り崩してちゃんと給料だけは手配してくれたのかもしれません。


何にしろ出費は相当なままひと月耐えてきたんです。


やっと大臣が時価査定で5分の5(全額)支払うと修正した。


ネットじゃごね得だの、国民の血税をバラまくなだの、好き勝手言うやつもいますが…

それを農家に直接言えますか?頑張ってきた人に向かって

農家さんだって税金払ってます。恩恵を受ける権利はあります。

もし文句があるのならそんなお馬鹿な政策を打ち出し全額補償するとした政府にでも言って下さい。



ただ…補償を受けても借金は残ります。2年間はそこでは畜産は出来ないんです。

借金負わされて、2年間仕事再開は不可能…廃業ですよ


しかも今まで先に発症して殺処分され埋設した農家さんが自費で購入した埋設地の購入費用を国が補填するよう頼んだら、大臣は断りました。


どれだけの負担を被害者に負わせるのか?

殆どの発生農家は廃業なんです。

農家も従業員も失業です。

それくらいの被害が出るんです


守り抜いてきた農家が、補償を要求するのは筋が違いますか?


放置してきた罰を受けるのは農家さんですか?


先日の東国原知事が記者に怒ったニュースをご覧になられましか?

記者は知事の責任を問おうと必死でしたね。


国に知事が要望書を持って状況したのは先月27日です。

事の大きさを予め察知し早急に国からの援助を得ようと働きかけ、応援を要請しようと走り回った知事を総理は徳之島に追われ放置、担当であるはずの農水大臣は外遊を理由に先月30日に国外へ。マスコミは宮崎を一切報道をせずにいました。



それでも腐らず陣頭に立ち必死に防疫に走り回り、自衛隊に要請し埋設の手伝いをしてもらったり、とにかく蔓延を防ごうと頑張っていました。


もぅ早い段階から非常事態だとし宣言も視野に入れてました。

そうしないと県民一人一人まで危機意識が芽生えないからです。

毎日のように宮崎日日新聞には、悲惨な状況が一面に載り状況を伝えてくれました。


頑張っても頑張っても進まない作業

獣医も少ないため殺処分の数にも限界があり、発症の速さに追いつけず、殺処分された後も埋設地が見つからず、そのままにされた牛豚に菌が出ぬよう石灰を被せたり…

現場は地獄絵図のような状況です。


現場の獣医師も、命を助けるためになった獣医がこんなにも沢山の命を絶つ為だけにここにいるのかと悲痛な思いを語る記事も読みました。

断末魔の叫びのような、普段では聞かないような鳴き声を出す豚を見たのは初めてと悲痛な思いの養豚業者さん。

養豚場で糞尿にまみれて殺処分された豚を運んだり、処分場へ追い込んでくれているのは、担当部署でもない県の職員さんたち。

手が荒れてボロボロになっても頑張ってくれてる消毒ポイントで消毒散布してくれてる役場や関係団体の方々。

埋設のお手伝いをしてくれてる自衛隊の方々。

総動員です。

皆さん疲れきってしまうまで頑張ってるんです。

それを土足で入り込んでわめき立てるマスコミさん。どちらが頑張ってるか見ればわかるはずなのに、知事の責任にしようとしたり、初期段階での疑わしい患畜を見逃した獣医や県の隠蔽体質に仕向けようとしたり…

取材する前に一円でもいい。募金をお願いします。

我々県民も牛・豚を扱えるものしかボランティア出来ないため歯痒い想いで出来る事を頑張っています。


県外の皆様、この様な状況にある宮崎を正しく発信出来るのはテレビではなく僕ら宮崎県民だけだと思っています。


今、宮崎の農家の了承が得られないから感染が広がっていると報道されているかもしれません

ワクチンは早々に送ってきました。
これで国はやることやってるのに、宮崎の農家の抵抗で始まらないと言われてるかもしれないです。

だけど、唯一ウィルス接種出来る獣医さんは集まっていないため始めたくても始められないんです。宮崎入りしても現場に行かないんじゃ状況がどうなってるのかわかってないんですよ。対策打てば事が片付くと思ってるから、自分は問題はないとか言えるんですよ。実行しなきゃダメなんですよ。


真実はこういう事なんです。



県内の小中高校では、県外にウィルスを持ち出してはいけないと修学旅行を自粛してくれています。遠足、運動会も中止になりました。


その他、イベントや祭り、高校総体の開会式など全部中止し、野球やサッカーの試合を中止しました。

県全体で蔓延を防ごうと注意してます


発生が多発してる川南町では、商店街や飲食店は売上が80%減してます。非常事態宣言下のため不要不急の外出は控える事になっており、殆どの道も通行止めになってます。

月一で開催されてた軽トラ市は大好評だったのですが中止。

川南は色んな面で頑張ってた街なんです。

自分達の町の特産品を生かして、イベントなどで自ら活性化させ成功してきた街なんです。

トロントロンと言う地名でブランドを作り、それをウリに頑張ってきました。


この処置で川南は産業経済は大打撃どころではなく、町が町として存在出来なくなります。農場が無くなったら大多数が失業します

街が一個、消滅するくらいの事なんです。


それぐらいの大きな打撃を与える政策だと分かった上で、大臣は発表されたのでしょうか?


今夜、そのワクチンを接種すると言う政策も、受け入れる事になりました。

誰一人として、農家の皆さんは口蹄疫の感染を拡大させたい訳じゃないんです。
ただ、駄々こねた訳じゃないんです。


こう言う結果になりましたが、川南町の皆さんは必死に頑張ってくれてます。
今もなお。


生き物を育てると言うのは、本当に愛情がいる事なんだなと今回再認識させられました。

もっと、いただきますと言う言葉の意味の重みを噛み締めないといけないなと思います。


今回の政策で、刹処分される牛・豚の数30万頭超。

それは全部、命であると言う事を絶対に忘れてはいけない。
ココまで、放置してきた政府の愚行も忘れる事は無いでしょう。

これでまだ、完全に感染拡大が止まると確定した訳ではありません。

完全終息宣言が出るまで、まだまだ気が抜けませんが。





もし宮崎以外で発生したのなら、僕もここまで関心がなかったのかも知れません。

だけど、起こってしまいました。


僕は県民として発信します。

宮崎以外の皆さん。
もし読んで下さいましたら、覚えていて下さい。

口蹄疫の話が身近で出たら、こういう状況だと伝えて下さい。


宮崎は頑張って乗り越えていこうと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました





口蹄疫関連リンク

口蹄疫「生き地獄の現場から」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100517/214459/

川南町のムッチー牧場だよーん
http://green.ap.teacup.com/mutuo/

やる夫が宮崎県で牧場をやっていたようです
http://hamusoku.com/archives/3129885.html

想像を絶するような規模・非常事態宣言も
http://hamusoku.com/archives/3125643.html

口蹄液がどのような影響を与えているかまとめ
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100507_kouteieki_matome/

農水省質疑 江藤拓議員
http://hamusoku.com/archives/3148615.html

江藤 拓公式ブログ
http://gree.jp/etoh_taku/blog

そのまんま日記
http://ameblo.jp/higashi-blog/


  1. 2010/06/21(月) 21:15:10|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なんで?

コメント返しをした途端、
ブログの前記事が、web上から消えてしまいました????
なんで?
管理ページにはちゃんと全ての過去記事も、
頂いたコメントも残ってます。
でも、消えてるのは私のブログだけなの(T_T)
携帯からも記事が見られません。
カテゴリも、アーカイブもぜーんぶ(0)になっちゃってるの(泣)
なんで????

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/01/21(月) 16:03:45|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

世界にひとつ

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
今日からブログのテンプレート変わってま~~す♥

[世界にひとつ]の続きを読む

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/09/04(火) 00:12:08|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

1週間が過ぎ...

ふと気づくとこの季節だというのに、ブログを1週間も放置してしまいました。
コメント下さった方々、ゴメンナサイでした<(__)> [1週間が過ぎ...]の続きを読む

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2007/06/11(月) 15:08:09|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

空の階段?



今朝、洗濯物を干すときにベランダから見た朝焼け。
地平線から雲の段々が空高く続いて...
.....とても不思議な景色でした。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/01/09(火) 23:06:45|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
次のページ

プロフィール

えみぽん

Author:えみぽん
↑‘笑み’えみぽんの薔薇(爆)
ガーデニングとピアノ大好き♪
'6年春からバラ育てに嵌り中。
アレンジにも興味津々
花好きな方情報交換しましょ(^0^)/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

blogランキング

音楽著作物利用許諾番号

JASRAC許諾番号 JO70214369

JARAC許諾番号 JO70214369

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

藤澤ノリマサくんを応援しています

藤澤ノリマサ スペシャル映像

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。